通夜ぶるまいでの喪主の立ち回りと料理について

通夜ぶるまいの席では、喪主はどうのような振る舞いをしなくてはいけないのでしょうか。
気になる人も少なくないでしょう。
弔問客を回り、会葬のお礼を述べるのがマナーと思われていますが、そんなことはありません。
悲しみが深く接客できる自信がない場合は、喪主はあいさつに回る必要はないです。
それどころか、通夜ぶるまいの席に出なくても構いません。
また、弔問客が帰るときは、見送りに立たないのが普通とされています。
失礼にあたらないので心配することはないです。
また、通夜ぶるまいではどのような料理を出せばいいかが悩みどころですが、地域性があることを知っておきましょう。
カップ酒に海苔巻、お煮しめが常識となっているところもあります。
しかし、最近は通夜ぶるまいにお金をかける喪家が増えてきました。
握りずしを用意したり、オードブルを選ぶことも珍しくなくなってきています。
どう言う料理を用意するかは、遺族で話し合って決めることです。