返礼品と会葬礼状の基本を頭に入れておく

通夜や葬儀に参列してくれた人に対し、返礼品を渡すのが礼儀です。
お茶やタオルが一般的で、1000円前後のものを選ぶことが基本のようになっています。
現在では、返礼品は葬儀社に任せるのが普通です。
忙しい遺族が返礼品を用意するのは難しいので当然のことと言えます。
故人ゆかりの品物があり、それを返礼品に使いたい場合は、葬儀社に申し出ましょう。
また、最近は返礼品をめぐるトラブルも多くなってきました。
香典の即日返しが当たり前のようになり、返礼品と混同してしまうケースが目立ってきているいるのです。
返礼品を別に用意し、香典返しと一緒に渡すことでトラブルを避けることができます。
会葬礼状も用意することになりますが、文面を一から考える必要はありません。
葬儀社には会葬礼状のひな型があります。
喪主と故人の名前を変えれば使えるので、ほとんどの人が利用します。
もちろん、お礼の気持ちをしっかり伝えるために、オリジナルの文章を考えても問題ないです。